ブログトップ

Meconopsis

meconopsis.exblog.jp

イケメンになるべく足掻くcたけのブログ

2012/3/28

ついにCARTE正式サービスが始まりました。実は今までCARTE関連のワードでここに来る人ほとんど居なかった(昨日初めて一人来ました)んですけど、これからは少しずつ増えるといいなと思います


始めたばっかで右も左も分からない初心者がここに迷い込んで来ることもあるかもしれないので、βを生き抜いたデュエリストとして個人的なアドバイスぽいことを書いておこうと思います

①カイデロンのキャスト「怨霊の叫び声」は大体のデッキで何枚か入れておくといいと思います。何故なら、このゲームの強デッキの一角の森の精霊軸デッキ(シエリオン)を止められる数少ないカードなので。
まあこれにチェーンして自然の摂理ってカード撃たれたら終了なんですけど、あんまり持ってる人居ないと思うので、怨霊の叫び声あれば大抵の森の精霊デッキには勝てます。まあこのゲーム体力1のクリーチャーって結構多いんで腐ることはあんまりないと思います。


②このゲームはハンド枚数が勝敗に直結しやすいので、手札消費を抑える工夫があるとよいです。理由は色々ありますけど、特に重要なのがシェイクのキャスト「聖なる衝撃」のダメに関わってくるからですね。このカードを使った側の手札枚数から相手の手札枚数を引いた数ダメージを全クリーチャーに与えるって効果ですけど、これを使うにしろ使われるにしろ、手札枚数は多く保っておきたいです。
ハンドを減らさない工夫としては、シャードを多めに入れてシャード切れの状況を減らす、ドロー効果のあるカードを組み込む、高コスト高スペックなクリーチャーを多めにする。とかですかね。


③タロットのハングドマンはとりあえず入れといて良い強カード。押されてる状況を一旦落ち着かせることができるので。逆にこっちが押せ押せムードだからってあんまりアタックゾーンにクリーチャー並べ過ぎると相手のハングドマンで悲惨なことになるかも


④ヒーローを強化する装備品を使う場合はヒーローの攻撃で相手クリーチャー減らして、その後自分のクリーチャーの攻撃を通すって順番にした方が大体の状況ではいいと思います。ヒーローのライフ削れちゃいますけど、自分のクリーチャー減らさずにカードアドバンテージで優位に立てればいつの間にか勝ってたりします。まあ実際はケースバイケースで


⑤相手のアタックゾーンにオナー持ちが居たら例えAPが1でも生かしておかない方がいいです。相手の手札次第ではそれだけで1キルされることも有り得るので。





他にも書く事いっぱいありそうですけど眠いんで今日はこんな感じで。あと一応ウェブマネー5000円分買ってきました。課金コインの購入がお買い得になるキャンペーンが来るまでは使いませんけどね。こないだアメリカの方ではそういうキャンペーンあったんで、そのうち日本でもやるはず。たぶん。



ではまた
[PR]
by jim-niigata | 2012-03-29 00:23 | 日記