ブログトップ

Meconopsis

meconopsis.exblog.jp

イケメンになるべく足掻くcたけのブログ

2011/3/5

今日は前々からやろうと思ってた紅魔城伝説 緋色の交奏曲(スカーレット・シンフォニー)をやりました。難易度はノーマル。まあⅡのハードクリアしたし楽勝でしょうと思いながらプレイ開始


Ⅱはステージ2のボスが異常に強くて、その後はステージ7あたりまで楽にいけたんですけど、Ⅰは序盤は結構ヌルゲーで、後のボスになるほど強いという感じでした。特にラスボスのレミリアと、その前のステージの咲夜さんはかなり強かったです。


それでもストーリーは2時間くらい?で何とかクリアできたんですけど、問題はEX


色んな中ボス達が行く手を阻んできてくれるんですけど、そんなことはどうでもいいんです。ボスがやばい。フランちゃんやばい


最初は「これクリアできる人居ないだろ」とか「クリアできるように作られてないんじゃないか」とか思うくらいやばい強さでした。これとくらべたらⅡのphantasmとか子供のお遊戯レベルでした


それでも死にまくりながら何とか相手の攻撃一つ一つに対する打開法を作って、どうにかクリアすることが出来ました。EXだけで2時間くらいかかりました



横スクロールACTを得意と自負する人には是非是非やってもらいたいですね。そして自信を砕かれるといいと思いますw





主人公性能はⅠとⅡで結構違いますけど、どっちが上ということもなくどっちもどっちでいいところあって面白いと思いました

Ⅰの霊夢は飛翔の時間が無限で、通常攻撃の持続時間が長くて範囲も広いあたりが利点で、Ⅱの咲夜さんは時止めで道中が楽(効かない敵も居ますけど)だったり、パートナーの種類が豊富というのが利点でしょうか。あと射撃も咲夜さんの方が若干強いかも




いやー久しぶりにやりごたえのあるゲームでした。満足満足




次回は電車でDかマスターバーナー クライマックスをやろうと思います。



ではまた
[PR]
by jim-niigata | 2011-03-06 01:25 | 日記